徹底調査!善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?

十分な睡眠をとる

睡眠不足はお肌の大敵!さらに自律神経の働きが乱れて交感神経が活発になってお腹がゴロゴロしてきたり、便秘に悩まされたりすることもあります。充分な睡眠を取って、腸内環境を整えましょう。

自律神経の乱れが腸内環境を悪化させる原因に

緊張したり、焦ったりすると、心臓がドキドキしてきて、お腹がゴロゴロしてくることがあります。私たちは過度のストレスを受けると、副交感神経の働きが悪くなって、自律神経が乱れてしまいます。

そのため腸の動きをコントロールできなくなり、腸内環境を悪化させてしまうんですね。自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経はアクセル役で活動している時に働きます。それに対してブレーキ役の副交感神経は、リラックスした時に働きます。

自律神経は、アクセルとブレーキの両方が上手く働かないと乱れてしまいます。現代人のように、ストレスや刺激にさらされていると、交感神経が活発になって、自律神経が上手く働きません。また、順天堂大学の調査では、加齢によりこのアクセルとブレーキのバランス力が低下することも分かっています。

交感神経が活発になると腸のぜんどう運動が悪くなり、腸内環境が悪化してしまうのです。副交感神経を活発にさせることが、腸内環境を整えるポイントといえますね。

規則正しい十分な睡眠で腸内環境を整えましょう

腸の動きを活発にするには、リラックスして自律神経を落ち着かせることが大事です。それには、規則正しい生活と充分な休息、ストレスを溜めないように心がけること。何よりも睡眠不足は大敵で、夜更かしをすると副交感神経がほとんど働かなくなってしまうんです。どんなに忙しくても睡眠時間は6~7時間取るようにしましょう。

充分な睡眠といっても、昼と夜が逆転したり、だらだら寝をすると、かえって逆効果です。睡眠のゴールデンタイムは、夜10時から午前2時まで。この時間帯は、身体の成長ホルモンが分泌されるので体を充分に休めることができます。

ところが午前2時を過ぎると、準備ホルモンを分泌して目覚める準備を始めるので、体は休まりません。神経は興奮したままなので、自律神経が乱れて過敏性大腸炎や便秘に悩まされて、腸内環境も悪くなります。遅くても深夜0時までにはベッドに入るようにしたいですね。

 

総合ランキング
善玉菌の効果とは?

clip

ひなママこんにちは、管理人のひなです。長年悩まされていた便秘を解消するため、乳酸菌サプリメントについて調べました。脱・便秘の参考にしてもらえると嬉しいです。
clip
善玉菌を増やす乳酸菌サプリメントの口コミ・評判
1位の「そっと乳酸菌」を試してみました
善玉菌の効果とは?
善玉菌を増やす方法は?
 
徹底調査!善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?