徹底調査!善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?

漬物・キムチを食べる

ぬか漬けやキムチなどの漬物は植物性の乳酸菌の宝庫で、強い生命力の乳酸菌が腸内の善玉菌を増やす働きをします。ここでは、漬物のに含まれる乳酸菌の効果や、腸を整える世界の漬物の種類を紹介します。

漬物・キムチには、植物性の乳酸菌がたくさん!

乳酸菌には動物性由来と植物性由来がある

乳酸菌を含んだ食品は、ヨーグルトを代表する乳製品だけと思っていませんか。漬物やキムチのように、植物性の発酵食品にも、乳酸菌がいっぱい詰まっているんです。

乳酸菌には、「動物性乳酸菌」と、「植物性乳酸菌」があります。動物性乳酸菌は、乳製品の乳糖を発酵してできる乳酸菌です。好条件の中で育つので栄養バランスに優れています。これに対して野菜や穀物のような「植物」をエサにしている乳酸菌が植物性乳酸菌です。

過酷な環境で育つ植物性乳酸菌

植物性乳酸菌は、栄養状態の悪い環境をたくましく生き抜いてきた、生命力の強い乳酸菌です。動物性乳酸菌との大きな違いは、ブドウ糖や麦芽糖など、色々な糖を栄養にして増えていき、他の微生物とも一緒に生きていくことができる点。

植物性発酵食品の代表にはぬか漬けや味噌、醤油などがありますよね。中でもぬか漬けに使うぬかには、乳酸菌がぎっしり詰まっていて、ほどよい酸味と風味を作り出しています。

乳酸菌が多く含まれている漬物

ぬか漬けやしば漬けなどの漬物は、日本人の食卓には欠かせない副菜ですね。漬物には食物性乳酸菌が豊富で、ほかほかのご飯があれば、食が進みますよね。

たくわんや千枚漬けは、日本独特の漬物だけど、海外には、韓国のキムチやドイツのザワークラフト、ヨーロッパのピクルスなど、バラエティ豊かな漬物があります。世界の国々では、食を楽しみつつ、乳酸菌も上手に取り入れてきたんですね。

日本の代表的な漬物

日本の代表的な漬物といえば、ぬか漬けやしば漬け、たくわん、千枚漬け、野沢菜があります。乳酸菌が豊富な漬物は、お腹の中の善玉菌を増やして、腸の働きを整えてくれます。食物繊維も一緒に摂れるので、便秘解消にも効果があります。毎日の食卓に欠かさずに取り入れたい一品です。

アジアを代表する漬物

アジアを代表する漬物には、韓国のキムチ、中国のザーサイがあります。中でも日本人の舌に合うのは、キムチですね。キムチは白菜に色々な食材を一緒に漬け込んだ漬物で、乳酸菌の他に、食物繊維やビタミンも豊富です。独特の酸味と唐辛子のピリッとした刺激で、何杯でもご飯が食べられそうです。

ワールドワイドな漬物

欧米でよく食べられている漬物には、ピクルスやザワークラフトがあります。ピクルスは、塩で漬けたキュウリやニンジンを、酢や砂糖に漬けた漬物です。ザワークラフトは、キャベツの塩漬けを発酵させたドイツの家庭料理です。また、インドには、野菜と果物を煮込んだソース、「チャツネ」があります。

総合ランキング
善玉菌の効果とは?

clip

ひなママこんにちは、管理人のひなです。長年悩まされていた便秘を解消するため、乳酸菌サプリメントについて調べました。脱・便秘の参考にしてもらえると嬉しいです。
clip
善玉菌を増やす乳酸菌サプリメントの口コミ・評判
1位の「そっと乳酸菌」を試してみました
善玉菌の効果とは?
善玉菌を増やす方法は?
 
徹底調査!善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?