徹底調査!善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?
善玉菌を増やすサプリ HOME » 善玉菌を増やす方法は? » 味噌を使った料理を食べる

味噌を使った料理を食べる

日本の伝統的な調味料は、乳酸菌が豊富です。中でも味噌は栄養バランスに優れています。ここでは、味噌をはじめとした調味料に含まれる乳酸菌の働きや、善玉菌を増やすおすすめのレシピについて紹介します。

植物性乳酸菌が豊富な味噌

日本の伝統食には乳酸菌がいっぱい

味噌は大豆に麹を混ぜて発酵させた発酵食品で、植物性乳酸菌がぎっしり詰まっています。動物性乳酸菌と違って酸に強いので、腸の中の善玉菌の働きを活性化してくれるんですよ。

さらに、タンパク質やアミノ酸、ビタミン類、有機酸も豊富で、栄養バランスにも優れています。野菜や豚肉を入れたおみそ汁やトン汁にして食べれば食物繊維や動物性たんぱく質も一緒に取れて、栄養バランスも満点。毎日欠かさず取り入れたい食品ですね。

味噌以外も善玉菌豊富!優秀な調味料・酒類

キッチンには、色々な調味料や酒類があります。例えば、日本食に欠かせない醤油やみりん、塩麹、酒粕。こうした伝統的な調味料は乳酸菌が豊富。麹菌や乳酸菌、酵母の働きで、独特の風味と味が生まれて、食材の旨みを引き出してくれるんですね。

調味料以外では、日本酒やワインのようなアルコール類にも乳酸菌が含まれています。韓国の生マッコリは、醸造後も発酵し続けているので、生きたままの乳酸菌が取れるんですね。

味噌の選び方・使い方のポイント

乳酸菌が生きている生みそタイプを選ぶ

味噌には、加熱処理した物や、生味噌タイプがありますが、購入する時は、出来るだけ生味噌タイプを選びましょう。生味噌タイプは、加熱していないので、生きたままの乳酸菌がたっぷり詰まっています。本来の栄養や成分を取り入れることができるんです。

また、おみそ汁を作る時は、味噌を入れるタイミングを間違えると、せっかくの栄養分や風味が損なわれてしまいます。火を止める直前に入れて、煮立てないようにしてくださいね。

調理方法ごとに味噌の種類を使い分ける

味噌には、赤味噌、白味噌など、色々な種類があり、選ぶときは迷ってしまいそう。調理方法ごとに使い分けると、味噌の風味と食材の味が引き立ち、いっそう美味しくいただけるんですよ。

キャベツや野菜、白身魚には、甘めの白味噌がおすすめです。食材の甘味を引き立ててくれます。熟成期間が長くて辛めの赤味噌は、貝や豚など、味の濃い食材に適しています。合わせ味噌は癖が少ないので、どんな食材でも美味しく頂けます。

おすすめの味噌を使ったレシピ

豆腐の味噌漬け

豆腐を味噌に漬けて寝かせるだけの簡単なレシピです。味噌の酵素と乳酸菌の働きで、チーズのようなまったりとした濃厚な風味に仕上がります。ごはんのおかずやお酒のおつまみにも合いますよ

<材料>

  • もめん豆腐・・・1/2丁
  • 味噌・・・大さじ4
  • お好みでみりん・・・大さじ2

<作り方>

  1. 豆腐をキッチンペーパーにくるんで水切りします。
  2. 味噌とみりんを混ぜ合わせて味噌床を作ります。
  3. 豆腐が味噌床に隠れるようにしてビニール袋に入れます。
  4. ビニール袋の空気を抜いて、1~2日ほど寝かせます。
  5. 豆腐の回りの味噌をふき取って、さっと水洗いしていただきます。

味噌チーズのしいたけ焼き

オーブントースターで加熱するだけで、簡単に作れます。しいたけには食物繊維やビタミンDが豊富です。乳酸菌が豊富な味噌とチーズを一緒に取れるので、しっかりお腹の中で働いてくれそうですね。

<材料>

  • しいたけ・・・6個
  • パン粉・・・大さじ6
  • 味噌・・・大さじ1
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • とろけるチーズ・・・適量

<作り方>

  1. しいたけの柄を切ります。切り取った柄は細かく刻みます。
  2. 味噌、しいたけの柄、マヨネーズ、パン粉を合わせて、よく混ぜます。
  3. 混ぜたものをしいたけに塗って、チーズを乗せます。
  4. しいたけをオーブントースターで7~8分焼くと、出来上がりです。
総合ランキング
善玉菌の効果とは?

clip

ひなママこんにちは、管理人のひなです。長年悩まされていた便秘を解消するため、乳酸菌サプリメントについて調べました。脱・便秘の参考にしてもらえると嬉しいです。
clip
善玉菌を増やす乳酸菌サプリメントの口コミ・評判
1位の「そっと乳酸菌」を試してみました
善玉菌の効果とは?
善玉菌を増やす方法は?
 
徹底調査!善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?