徹底調査!善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?
善玉菌を増やすサプリ HOME » 善玉菌の効果とは? » 【効果5】口臭の改善、歯周病の予防

【効果5】口臭の改善、歯周病の予防

エレベーターや満員電車の中で、口臭のキツイ人がいると、思わず顔をそむけたくなりますよね。まして、自分のお口から不快な臭いがすると考えただけで憂鬱です。

ここでは、口臭が発生する原因と、対策を紹介します。

豊田先生の画像このページの解説≫ 管理栄養士 豊田 愛魅(とよだまなみ)先生
管理栄養士としてはもちろん、美容ライターやタレントとしても活躍中の豊田先生。今回は特別ゲストとして、善玉菌の効果について解説して頂きました。

【経歴】
東京家政大学卒業後、オーガニックカフェにて、管理栄養士としてメニュー開発を行う。その後実演販売、テレビやラジオのショッピング番組などに出演。人に分かり易く伝える事を得意とし、その経験を活かし現在ではTV、ラジオ、雑誌など様々な媒体で活動中。

お口の中の悪玉菌が引き起こす口臭

口臭の原因は2つあり、そのうちの一つが、口腔内の悪玉菌の増加です。歯磨きを怠ったり、磨き残しがあると汚れが溜って衛生状態が悪くなり、悪玉菌が増殖します。さらに増え続けて歯周病に感染すると、揮発性ガスのメチルメルカプタンを大量に発生します。このガスは硫化水素よりも強い悪臭を放つので、強烈な臭いがするのです。

虫歯や歯周病も、実は悪玉菌による“感染症”なんです

人間の体の中には、多種多様な菌が住みついていて、悪玉菌と善玉菌のバランスが保たれています。ところが、悪玉菌が増え続けると、細菌に感染して健康を害する恐れがあります。

お口の中も同じように、多種雑多な菌が住みつき、悪玉菌も存在しています。その代表が虫歯菌と歯周病菌で、虫歯や歯周病を引き起こす原因菌。つまり、虫歯や歯周病も、悪玉菌による感染症なのです。免疫力が低下すると、お口の中の菌のバランスが崩れ、虫歯菌や歯周病菌が増殖して虫歯や歯周病になります。虫歯や、歯周病に侵された歯茎からも、強烈なニオイが発生します。

虫歯や歯周病のリスクを下げるためには、善玉菌を取り入れて免疫力を高めること。また、口腔内の善玉菌を増やすこと。悪玉菌のエサとなる食べかすなどが残らないようにキレイに歯みがきを行うことが挙げられます。

便秘がもたらす口臭

もう一つ、便秘による口臭もあります。便秘は悪玉菌の増加で腸の働きが鈍くなり、腸内に老廃物が溜まった状態です。便秘が続くと老廃物の腐敗が進み、アンモニアなどの有害物質を発生します。このガスが血管を通って全身に巡り、口からキツイ臭いとなって発生するのです。

この場合、歯みがきなどの口腔内のケアだけでは、口臭は収まりません。発酵食品や食物繊維など善玉菌を増やす食べ物を積極的に摂取して、腸内の環境を整えることが大事です。

乳酸菌サプリメントをすすめる歯医者さんも

口臭や歯周病予防の一環として、スウェーデンで生まれた新しい予防法があります。これは、「バクテリアセラピー」と呼ばれる方法で、乳酸菌を取り入れて口腔内の細菌バランスを整えて歯周病や口臭を予防するものです。乳酸菌を含む食品は色々ありますが、このセラピーは、手軽に摂取できるサプリメントを使っています。近頃は、口臭や歯周病予防の補助として、乳酸菌サプリメントをすすめる歯科医院もあります。

総合ランキング
善玉菌の効果とは?

clip

ひなママこんにちは、管理人のひなです。長年悩まされていた便秘を解消するため、乳酸菌サプリメントについて調べました。脱・便秘の参考にしてもらえると嬉しいです。
clip
善玉菌を増やす乳酸菌サプリメントの口コミ・評判
1位の「そっと乳酸菌」を試してみました
善玉菌の効果とは?
善玉菌を増やす方法は?
 
徹底調査!善玉菌を増やすにはどうしたらいいの?